HANAMARU厨房 カレー トルコライス

春吉2丁目にあるデカ盛りで有名なカレー屋さん

「HANAMARU厨房」に行ってきた。

f:id:kuri-log:20170130212153j:plain

外観はこんな感じ。

f:id:kuri-log:20170130212203j:plain

昔ながらの懐かしさを感じる素敵な看板の下、カラフルなドアを開けると中は

f:id:kuri-log:20170130225110j:plain

カウンターとテーブル席のシンプルな内装で、コンクリートの壁には「HANAMARU」とでかでかとグラフィティが施され外観からは想像つかないポップな内装になんだかワクワクして楽しい気持ちになります。おばちゃんがスプレー缶で描いたのかな〜なんて想像も膨らませながら席に着く。

 

f:id:kuri-log:20170130213636j:plain

メニュー表もレトロなデザイン。釣り好きなご主人の釣り情報も掲示されています。

 

f:id:kuri-log:20170130213821j:plain

 早速ドドーンと大皿にたっぷりと溢れんばかりのカレーがいらっしゃった。

本日頼んだのは

「HANAMARUカレー」700円。

でででデカい!!!!この小さなテーブルには収まらん。

 

f:id:kuri-log:20170130213827j:plain

 昔ながらの王道カレーの香りが食欲をそそる。これぞカレーの日本代表。余計なものは何もいりません。カレーのルーを真っ白なご飯にのせて本能と感情のままに口へ運ぶ。あんなにもボリューミーだったカレーも所詮は飲み物。あっという間に完食。

 

そして忘れてはいけないのがこの店の看板メニュー。

トルコライス1000円

 

f:id:kuri-log:20170130220245j:plain

うはw凄まじい存在感!!

※これはまだ普サイズでさらに大盛り、特盛り、バカ盛りとグレードが上がるらしい。

 

f:id:kuri-log:20170130220230j:plain

 一枚のお皿の上にはトンカツ、ナポリタンスパゲティ、ピラフにカレーとなんとも豪快なメンバーが仲良く乗っかっている。

 

f:id:kuri-log:20170130213832j:plain

トンカツのサクサクな衣にカレーを絡めて熱々のピラフごとスプーンで口の中に流し込む。ぅ、うめえ!

 

そしてまだ飲み込み終わってないお口の中に立て続けにナポリタンをほうばる。うはー!なんという満足感、たった二口でこんなにも心を満たしてくれる食べ物が他にあるだろうか。

 

メニューはどれも全部ボリューム満点。高校生の食欲全盛期の頃にもっと早く出会いたかった、そんなお店でした。

 

ちなみに食べきれなかった人はヘタレということで、ヘタレノートというご主人のノートにゴメンなさいの懺悔を書き記します。過去どれだけの大食い自慢が鼻をへし折られこのノートを涙で濡らしたことだろうか。

 

食べ残しは透明なパックに詰めてくれてお持ち帰りできます。

※冬場のみ。